ICTでコンサルティングやシステム開発を提供するユニバーサルコムピューターシステム


ERP影響分析とクラウドテストソリューション

        「Panaya」によるサービスを開始

お知らせ 2017年9月13日

 「Panaya」は、ERP影響分析とクラウドベーステストソリューションのリーダーで、
日本での導入実績は170社以上、65か国以上で2200以上採用されているデファクト・スタンダードです。
 UCSは2017年8月1日より、Panaya製品による以下の2つのサービスを開始いたしました。



SAP S4/HANAマイグレーション影響分析レポートサービス
 SAP S/4 HANAへマイグレーションする場合、EHP7以上のエンハンスメントパッケージをシステムへ適用することがクリティカルパスとなっています。
 UCSはPanaya S4 Discovery Packを使用してクラウド上でSAPシステムの挙動シミュレーションをおこない、SAPシステムに発生するであろう影響範囲を48時間以内で分析しレポートします。通常のEHP適用分析に加え、S/4 HANAマイグレーションに関係する特別NoteやCode Inspectorの内容も加味したレポートを提供します。


SAP ERPテスト支援サービス
 Panaya TEST Centerはすぐに使用できる簡単なインタフェースで、テスト工数を大幅に削減できるテスト支援ツールです。現行システム上でのオペレーションからテストシナリオを作成したり、既存のテストドキュメントを全て取り込んで管理したりといったテストのあらゆる工数を削減します。オペレーションに合わせてのエビデンスの自動取得や再テスト機能などがあり、特にUAT(User Acceptance Test)においてエンドユーザ自身のテストを強力に支援し、工数の削減も実現します。
 UCSがTEST Centerの導入からテスト全般のコンサルテーションを実施し、テスト工程の効率化を実現いたします。


     本件に関するお問い合わせ
     経営企画室 SAPビジネス推進担当  抜水信博 荒川恭一
     「panaya-demo@ucs.jp」にて、承っております。



ページトップへ