U-Notice 安否確認クラウドサービス

U-Noticeとは



 従来からあるような1企業法人内での完結型サービスではなく、上位の福祉協議会・医療協議会等の業界団体や行政等の関係組織と連携し、法人を超えた地域/業界全体で安否状況や被災状況を共有できるサービスです。

・気象庁提供の地震速報と連動し、安否確認メールを自動一斉配信。職員が携帯・スマートフォン・PC等
 から安否登録することで、非常災害時の安否確認や被災状況を的確かつ迅速に把握できます。

・手動による一斉配信も出来るので、防災訓練への活用や地震以外の災害時の安否確認ツールとしても利用
 できます。

・掲示板機能による情報共有が可能です。

U-Notice 安否確認クラウドサービスのイメージ

   ※本サービスは仙台市老人福祉協議会様、株式会社エヌ・シーエス様と共同企画・開発したものです。


U-Notice 安否確認クラウドサービス の特長

特長1:組織階層での情報共有によるBCP対策に活用
法人や業界団体、行政機関等の階層組織との間で情報連携が可能な組織的運用にマッチします。
安否状況・被災状況をタイムリーに一覧で集計把握できるのでBCP(事業継続計画)ツールとして利用できます。

特長2:さまざまな端末機器に対応
PC、携帯電話、スマートフォン、タブレットなどの多様な端末で利用できます。

特長3:安否状況・被災状況の一覧集計が可能
人的安否状況だけでなく、建物・道路・通信などの各種被災状況を自動集計し、見やすい一覧画面で確認できます。

特長4:気象庁の地震速報と連動した安否確認メールの自動発信
気象業務支援センターからの地震速報を元に、登録済みメールアドレスに安否状況/被災状況確認メールを一斉送信します。また、手動でも一斉メール配信できるので他の災害時の安否確認や、災害訓練にも活用できます。

特長5:可用性の高いクラウド基盤上でサービス
堅牢で災害対策が万全のデータセンターで運営しているクラウドで運用しますので、24時間365日サービスが利用できます。(Google App EngineおよびAWSを利用)

特長6:安心な低価格サービス
クラウド環境をフルに活用し、必要不可欠な機能を低価格サービスで実現しています。

U-Notice 安否確認クラウドサービス の主な機能

U-Notice 安否確認クラウドサービスの主な機能

U-Notice 安否確認クラウドサービス の画面イメージ

U-Notice 安否確認クラウドサービスの主な機能

U-Notice 安否確認クラウドサービスの主な機能

U-Notice 安否確認クラウドサービスの主な機能

システム環境その他利用条件について

  • ■対応OS
  • ・PC: Windows Vista/Windows 7/Windows 8
  •     Mac OS X Lion/Mac OS X Mountain Lion/Mac OS X Mavericks
  • ・タブレット: iOS または Android系OS
  • ■動作確認済みブラウザ
  • ・Internet Explorer 10以上
  • ・Google Chrome
  • ・Safari
  • ・Firefox
  • ■スマートフォン・携帯電話・タブレットの対応について
  • ・本システムはスマートフォン・携帯電話(3G以上)・タブレットのブラウザで使用できます。
  • ・実機による動作確認を実施しておりますが、現存する全ての端末での動作を保証するものではありません。

利用料金について(ご参考価格)

(例:利用者登録100名以下の場合)
■クラウド利用料金  年額50,000円、初期設定費(初年度のみ)

(例:利用者登録101名〜300名以下の場合)
■クラウド利用料金  年額100,000円、初期設定費(初年度のみ)

その他、被災地向け特別料金プランもあります。
詳細については 「bi_eigyo@ucs.jp 」 にて、承っております。お気軽にお問い合わせください。

パンフレットはこちら
ページトップへ