BI/BAソリューション

総合的なサービスでコンサルティング・設計・運用・保守までを一環してサポート

ビジネスインテリジェンス( BI )ソリューションは企業の情報系システムの基盤として、業務システムに散在するデータを統合し、現場の見える化・経営の見える化を実現。スピーディで戦略的な意思決定を支援します。当社ではBIソリューションを適用するための構想立案コンサルティングから、設計、開発、運用、保守までの一貫したサービスを提供いたします。

総合的なサービスでコンサルティング・設計・運用・保守までを一環してサポート

コンサルティング

コンサルティング Sagent Data Load Server ACTUATE BIRT iHub ACTUATE BIRT iHub Sagent Data Access ACTUATE BIRT Analytics

情報系システム構築、構想立案支援
弊社のコンサルタントが、お客様のビジネスプランに沿って、お客様のシステム環境とニーズにマッチしたBIソリューションの選定や情報系システム構築の企画構想立案をお手伝いします。

プロトタイプ構築支援
本格的な導入が決定する前に、必要な情報の提供や、ご要件に沿った情報活用形をご提案し、プロトタイプ作成をお手伝いします。

データウェアハウス構築支援
「企業内に散在しているデータを統合し、最適なデータウェアハウスを構築したい。」、「データウェアハウスを熟知したプロフェッショナ ルに構築をお願いしたい。」、「データウェアハウスを構築したが使い勝手に満足できない、ユーザーが積極的に使用しない、処理速度が遅すぎて実運用に耐えない。」など、現状の課題をデータウェアハウスに精通した専門のコンサルタントが解決します。

システム開発

データクレンジングサービス/データウェアハウス構築
OS や DBMS の違いによる保持形式の異なる様々なシステムからデータを収集し、統合したデータウェアハウスを構築します。データの統合・加工・クレンジングには ETL ツールを使用し、短期間で且つ効率的にシステム構築を行います。お客様のシステム規模やご予算に応じ、それに見合ったシステムやツールをご提案します。

分析システム構築サービス/レポート配信システム構築
「データウェアハウスに格納しているデータを使ってレポーティングしたい。」 、「 OLAP ツールは機能的に優れているが、使わない機能が多すぎてコストに見合わない。」「どんなレポートを作成すると会社の意思決定に効果的なのかわからない。」等のお悩みを、お客様が保持しているデータ量やご予算に応じ、適切な OLAP ツール / レポーティングツールをご紹介すると共に、効果的なレポートの内容やインフラなど過去の実績を踏まえてご提案します。

ご活用事例

金融機関
情報系システム構想立案コンサルテーション、データウェアハウス構築立案・支援、レポート配信システム構築・運用保守、製品技術サポート支援、レポート作成支援
ソーシャルアプリ会社
レポート作成システム構築
教育機関
情報システム活用の授業(半期通常講義を実施)
地方空港業務会社
テナント管理システムリプーレスコンサルテーション
金融機関
データウェアハウス構築立案・支援、レポート配信システム構築
ネット販売会社
製品技術サポート支援
飲食チェーン
調達〜開発〜運用まで、一連のシステム、開発フレームワーク策定/標準化、内部統制におけるITGコンサルテーション
旅客業
情報分析システム構築におけるコンサルテーション、データウェアハウス構築・運用保守
製造業
BIツールにおけるコンサルテーション、データベース診断・分析コンサルテーション
マーケティング会社
情報系システム構想立案コンサルテーション、製品技術サポート
格付会社
データウェアハウス・データマート構築、データウェアハウス整備支援、製品技術サポート支援

導入事例 金融機関様

従来からの課題
高負荷な定型業務
業務系システムの再構築に伴い、業務系システムの見直しが行われました。その際、社内外向けのレポート作成の作業ステップにも着目がされました。従来の運用では、データベースからデータをCSV形式のファイルへ書き出し、データ加工、多種にわたる一覧表の作成後、エクセル等の定型フォーマットへの埋め込み、といった作業を担当者がそれぞれ、独自の慣れた方法にて行っていました。その為、情報取得までに時間が掛ったり、加工に関わる手間も多く、部門再編成等による担当の引継ぎ作業も高負荷となるといった、様々な問題を抱えていました。また、作成したレポートや資料は、各部門の担当者が参照できるように共有フォルダに配置する方法で運用を行っていました。そこで、定型的な作業の標準化と効率化を図る事を目的として、情報系システムの構築を行い、データウェアハウス(DWH)、データマート(DM)や、OLAPレポートツールを用いて、作業全般のシステム化を行う事が検討されました。

システム構築前

導入の効果
担当者に高い負荷となっていた定型的なレポート作成が、適したファイル形式・レイアウトにて、自動で配信されるようになり、従来行っていた作業が削減され、ほぼ全ての作業を別の適切な部門へ引き継ぐ事が可能となりました。当初の目的も十分達成され、結果、部門の統廃合等の再編が実現。人的資産の有効的な活用が行えるようになりました。また、共有フォルダにレポートを配置する運用を行っていた点に関しては、各ユーザーがリアルタイムに最新の情報を閲覧することが可能となったことから、予想以上の効果が得られ高く評価されています。

システム構築後

ページトップへ